油山寺の世界一願いが叶う大念珠祭

油山寺(ゆざんじ)は遠州三山のひとつです。
法多山といえば「厄除けだんご」、可睡斎といえば「牡丹」と他の二山は行く機会があったのですが、
油山寺は行く機会がありませんでした。というか、何があるんだろう?

国道沿いの国宝という看板がいつも気になってはいました。

でも、よく見ると

「国宝」でなく
「国宝」
じゃないですか!!

まあ、国之宝とやらを見に行って見ますか!

約千三百年前に開山した古刹。
目の霊山だそうです。

世界一願いが叶う!

断言していいのでしょうか!?
是非参加してみたい!

紅葉したら綺麗でしょうねー

健足の道

手作りチックです。

宝生殿

参拝する人が多かったです。
御利益あるんでしょうね。

目と足に御利益があるようです。

五円玉の「め」の字が奉納されてました。

薬師本堂まで登ってみます。

帝孝謙天皇が滝の水で洗眼し眼病を治ったという「るりの滝」

建久元年(1190年)源頼朝が眼病全快のお礼に建てたという三重塔。

国指定重要文化財だそうです。

薬師本堂にたどり着きました。

「目」「め」という字を書いて祈願するようで、
お堂の壁にたくさん貼ってありました。

最初は習字の練習かと思いました。

…何かの呪術の様です

何か吊り下がってます

セミのぬけがら!

怖〜っ 何年かけて集めたんですか!?

天然記念物の御霊杉

弘法大師が挿した松と杉の箸から芽が出て
幹が松、枝葉が杉の木になったという霊木です。

幹は松っぽいです。
葉はすごく上なのでよくわかりません。

挿し木してもただの杉になってしまい、松の幹にならないそうです。

樹齢がン百年あるようには見えない気がします。

初めてお茶を伝来した栄西禅師像

10mあります。でかいです!

肩幅が狭いというか、頭が大きいというか
バランスが悪いです。

表情も不服そう。子泣き爺に似ています

結局、何が「国之宝」だったんでしょうか??

DATE … 2006年6月4日


世界一願いが叶う大念珠祭

あの「世界一願いが叶う大念珠祭」に行ってきました。
11時と14時の2回ありますが今回は14時に参加します。
始まるまで時間があるのでお参りします。

稚児行列待ちの稚児がいっぱいいます。

行列に使う造花を振り回して遊んでました。

お堂の中にも念珠。

鈴の横にも念珠。

お札を納めるところに白い紙に包んだ白髪交じりの毛束

怖いよーーーーー

2時から稚児行列が始まりました。

奥のお堂まで登ります。

稚児よりも保護者の方が多い気がします。

そして暑さと階段で稚児が次々脱落していきます(笑)

おんぶしたり、

だっこしたり、

ぶらさがったり。

上に着くと、薬師本堂の周りにテントが張ってあり
数珠が一周してました。

長いです!

台風で倒れた天然記念物の樹齢千年のマキの木で出来た数珠で、
数珠玉が1112個、長さ120m、重さ250Kgあります。

世界一の数珠らしいです。

みんなで時計回りにまわします。

意外と重くて肩がこってきます。
一人抜けるとずっしりきます。

子供の頭くらいの玉が来るとおでこをつけて願います。

しかし、玉は流れていくし、上下にも揺れるので大変。
おでこをつけようとしたら玉が上にあがってきて強打しました(泣)。

途中、お経のテンポがあがり、高速になりました。

回しているとお祓いしてくれます。

20分回して終了し、参拝しておでこに棒で水らしきものをつけてもらいました。

ノボリにも「願いが叶う」と書いてあります。
こんなに断言しているお寺も珍しいです。

 数珠をほどいて下までみんなで担いで運びます。

3年に一度のお祭で、昔は1週間やったそうです。
願いは叶うかな?

追記:
京都の知恩院に7cm並玉で100mの大念珠があったので、それより大きくということで直径9cmにしたそうです。

DATE … 2008年8月3日

おみくじがひけちゃう油山寺のHPはこちら
住所:袋井市村松1番地
地図はこちら

ホームへ メニューへ