堂ヶ島・天窓洞 トンボロ現象

西伊豆の観光地「堂ヶ島」。しかし堂ヶ島という島はなく、違う名前の島があるのです。

遊覧船からの眺め。

この島の総称は「三四郎島」と言います。
見る角度によって島が3つにみえたり4つに見えたりするからだそうです。
島の名前は象島・中ノ島・高島・沖ノ瀬島。
堂ヶ島という島はありません。

じゃあ堂ヶ島って何??

天然記念物の天窓洞の入口。

遊覧船で入っていきます。

洞窟の天井が抜け落ちて光がさしています。

穴の下から空を見上げてみます。

洞窟の上は遊歩道になっていて天窓洞を上から眺めることができます。

遊覧船は20分で920円。
源頼朝が追手から逃れ隠れたという「鎌倉洞窟」も見れます。
近くには「加山雄三ミュージアム」もあります。

DATE … 2002年10月13日


干潮になると岸から島が瀬でつながるトンボロ現象です。
国内では5ヶ所で見れるそうです。
一番手前の伝兵衛島まで歩いて行けます。

源頼朝の家臣「伊豆の三四郎」と豪族の娘小雪との
悲恋伝説があるそうです。

石がごろごろしてます。

気分はモーゼ(笑)。

だんだん潮が満ちてきました。

観光協会によると、
「10月から2月の日中は、瀬が現れるほどに潮は引きませんので、渡ることはできません。
3月から9月の日中でしたら比較的渡ることができます。しかし毎日ではありませんので必ず事前にご確認の上お出かけ下さい。」
とのことです。

賀茂郡西伊豆町堂ヶ島の地図はこちら

DATE … 2003年8月1日

ホームへ メニューへ