庚申堂の四猿

東海道32番目の宿、白須賀宿に庚申堂があります。

天保12年(1841年)に再建されたものです。

お堂の左右には「見ざる、聞かざる、言わざる」がいます。

 

その後ろにも猿がいます。

なぜか4匹!

古いものなのかずいぶん傷んでます。

すごく間のぬけた顔した謎の猿は「せざる」のようです。

孔子の論語の「礼にあらざるもの視るなかれ、聴くなかれ、言うなかれ、行うことなかれ(=せざる)」、
または、庚申信仰(庚申の夜は身を慎んで徹夜し女性を避ける)の「同衾せざる」からきているようです。

そんな教えをまるで分かってないような
ぽかーん顔です(笑)

こちらは以前タイのおみやげ屋でみつけた四猿。
最初はパロディーかと思いましたがちゃんと意味があるんですね。

県内にも四猿がいてびっくりです。

庚申堂の前は東海道です。

DATE … 2009年6月12日

住所:湖西市白須賀
地図はこちら

ホームへ メニューへ