日本一の湧水量 柿田川の湧水

名水百選二一世紀に残したい日本の自然百選にも選ばれた柿田川湧水。
富士山周辺で降った雨水や雪どけ水が地面にしみこみ、地下水となって湧き出して出来たものです。
湧水量は日に100万トン程で東洋一を誇る泉なんだそうです。

柿田川の湧水 駐車場から少し歩くと湧水第1展望台があります。

ここが柿田川の水源。
国道一号線のすぐ近くですが静かで綺麗なところです。

柿田川は長良川・四万十川とともに日本三大清流と呼ばれています。

沼津市、三島市などの上水道用水に使われてるそうです。
蛇口からここの水が出るなんて羨ましいです。

柿田川の湧水 あちこちから水が湧いています。

底の砂がボコボコしてます。

   動画でどうぞ↓
   

湧水第2展望台に行ってみます。

柿田川の湧水 水が青いです。

ここは紡績工場が井戸として利用していたそうです。

柿田川の湧水 魚が泳いでいます。

   動画でどうぞ↓
   

この水は富士山に降った雨が26〜28年かかって染みこんだものだそうです。
富士山山麓の開発や地下水の汲み上げなどが原因で勇水量が減少しているそうです。

奥に「湧水広場」や「湧き間」があるそうですが日が暮れてきたし遠そうなので挫折して駐車場に戻ります。

柿田川の湧水 ここで水が汲めます。

豆腐、蕎麦、コーヒー、おしゃれなフレンチなんかの店がありますが夕方なので閉まってました。

柿田川の湧水 ここの池の水も飲めるそうですが
枯葉が浮いてたりするのであまり飲む気がしません。

柿田川の湧水 中央の水草はミシマバイカモみたいです。

三島市の楽寿園で発見され、
今では自然環境で現存するのは柿田川のみなんだそうです。



   ■柿田川
   住所:駿東郡清水町伏見71-7   地図はこちら
   詳しい説明がある沼津河川国道事務所のHPはこちら

DATE … 2010年6月3日

ホームへ メニューへ