さった峠

静岡市清水区の「さった峠」は江戸時代「東海道の三大難所」「東海道随一の景勝」と言われ、
広重もここからの富士山を描いています。
漁師の網にかかって引き上げられた地蔵菩薩像(さったの地蔵)を山上に祀ったことから名づけられました。
ここで土砂崩れがあったら東名高速、JR、国道1号線がまとめて寸断されてしまい、
日本の交通が麻痺してしまうだろうと言われている「日本の頚動脈」です。

駐車場からちょっと歩いたみかん畑の中に展望台があります。

あと一ヶ月すれば富士山に雪が積もるかな?

上の道路が東名高速。海の上を走ってます。

下が国道1号線。

山側にJR東海道線が走ってます。

景色はいいのですが…

道が狭くてすれ違いが大変だし、
ハイキングの人が多くて行くのが大変です。

住所:静岡市清水区 地図はこちら

DATE … 2008年11月2日

ホームへ メニューへ