峠の国盗り綱引き合戦

静岡県と長野県の県境の兵越峠では毎年綱引きで県境を決めています。
毎年10月第4日曜日に行われ、1987年から始まり、今年が第21回です。

「兵越峠」という名前は、
元亀3年(1572年)10月、武田信玄が徳川家康の領地を攻めるため2万2000の兵を率いてこの峠を越えたことに
由来するそうです。

会場の「国盗り公園」はその峠道沿いにあります。

 

静岡側(遠州軍)は9勝11敗で2m領地を盗られてます。

なかなかいい勝負です。

着いた時には既に親睦バーベキュー(500円)は終わってました(泣)
片山さつきが応援に来ていたらしいけど既に帰ったようでした。

メインの綱引きが始まりました。

各チーム12名だそうです。

観客がいっぱい。
「静岡新聞」や「信濃毎日」の旗を振って応援してます。

三本勝負で勝った方が1m領土をを広げることができるのです。

今回は遠州軍が勝ちました!

綱引き後、国境移動のため道へ移動し「国境」の看板を移動しました。

 10勝11敗なので実際の県境より
 1m静岡寄りに国境があります。

   ストリートビューでも国境が見れました↓
   

信州軍は「太平洋を信州に」が合言葉だそうです(笑)
6万7000回勝つと叶うそうです(笑)。

逆に遠州軍が6万回勝つと諏訪湖が静岡県のものになるそうです(笑)。

DATE … 2007年10月28日

国盗り綱引き勝敗表 

  遠州軍(静岡)  信州軍(長野)    国境  
1987年 × −1m
1988年 × −2m
1989年 × −3m
1990年 × −2m
1991年 × −3m
1992年 × −2m
1993年 × −3m
1994年 × −4m
1995年 × −3m
1996年 × −2m
1997年 × −3m
1998年 × −2m
1999年 × −3m
2000年 × −2m
2001年 × −1m
2002年 × −2m
2003年 × −3m
2004年 × −2m
2005年 × −3m
2006年 × −2m
2007年 × −1m
2008年 × ±0m
2009年 × −1m
2010年 × ±0m
2011年 × −1m
2012年 × −2m
2013年 × −3m
2014年 × −2m
2015年 × −3m
13勝 16勝 −3m


DATE … 2015年11月18日更新


住所:浜松市天竜区水窪町、兵越峠
地図はこちら

ホームへ メニューへ