登呂遺跡

登呂遺跡って知ってますか?確か教科書に載ってた気がします。
なのに行った事がないので行ってみました。&登呂博物館で勉強してきました。

登呂遺跡は弥生時代後期に村や水田が拓かれ、12軒の竪穴式住居、2棟の高床式倉庫、水田、井戸がありました。
木製農耕具、狩猟・漁労、ハタ織り、火起こしの道具などが発掘され、
弥生時代の米作りが日本で初めて確認された遺跡です。

太平洋戦争中、軍需工場造成中に発見され、
昭和27年に国の特別史跡(国宝)に指定されました。

遺跡というと「土」っぽいイメージですが、整備され「公園」っぽくなってます。
中では散歩する人、お弁当食べてる人がいてほとんど公園です。

復元された住居。丈夫そうだし、デザイン的にもかわいい。
街中にあったら間違いなくホームレスがマイホームにするでしょう。

高床式倉庫。

記念撮影用ベンチもあり。

銅像がいくつかあります。

イサマシイ。

ここから先は車両進入禁止です。

土器だ! 


(注)ヒビワレて発掘したっぽいけどホンモノではありません。

水田跡に水田が復元されています。

これは「赤米」。赤飯のルーツらしいです。

東名の高架下では水田跡の発掘をしています。

おみやげ屋でみつけました。


(注)登呂遺跡ではハニワは発掘されていません

敷地内に芹沢_介美術館があります。
静岡出身の型絵染の人間国宝です。
美術館の建物がすごくステキです。

ホームページはこちら

登呂博物館
住所:静岡市駿河区登呂5丁目10−5 地図はこちら
電話:054−285−0476
入館料200円。ホームページはこちら

DATE … 2002年9月13日

ホームへ メニューへ