2泊3日で台湾に行ってきました。
が、台風に遭ってしまい飛行機が飛ばなかったので3泊4日になっていまいました。
まずは苦労話から聞いて下さい。

1日目は忠烈祠、龍山寺など観光し、晴れて暑かったのですが、

二日目、故宮博物院行って飲茶食べて帰ってきたら、
窓にガムテープ貼られてました。

デパートや近くの店はみんなガムテープ貼ってました。

ホテルの入口には雨戸と砂袋。
近くの店やデパートもガムテープと砂袋で対策してました。

そんなに警戒するの!?

二日目の夜から激しく降り始め、明日の飛行機欠航が決定しました。あさって会社に行けなくなってしまいました。
熟睡してたので気がつきませんでしたが、夜中はすごい雨だったようです。

翌朝、街路樹が折れたり傾いたりしてました。

歩道は枝だらけ。看板も落ちてました。
スクーターが倒れてたりもしました。

もうちょっと台風に強い街路樹を植えた方がいい気がします。

大きな台風の時は会社も店も休みになるそうで、やってるのは病院とコンビニだけ!
浸水対策で低い土地の人は高架道路の路肩へ車を避難させてました。

台北は台風の真下なのに大した雨でなく、午後には雨が上がってしまいました。
しかし飛行機は飛びません。

南部の方の中継。大変なことになってるようです。
ホテルの窓ガラスが割れたところがあったそうです。

一番激しい所に行って中継しているようでした。
台風中継はどこの国でも同じですね。

デパート、レストラン、免税店、博物館、101もやってないのですることがありません!
賑やかだった車も原付もほとんど走ってません。街が眠ったようにヒッソリしてます。。

台風は一日台湾の上空にいました。
死者がでて停電があったようです。

車だん吉似の気象予報士でした。
気象予報士は気象将軍と言うようです。

漢字なので画面を見ればなんとなく意味はわかります。
NHK−BSが見れますが話題は「梅雨明け」でした(泣)。

そんな訳で台風の下で一日を「街歩き」「コンビニ探検」「テレビの番人」で過ごしました。(それしか出来る事がない(泣))

台湾は食べ物おいしいし、日本語けっこう通じるし、安く買い物できるのでとてもいい所でしたよ。
日本に「すごく似ている事」と「似ているのに微妙に違っている事」が街にあふれていて非常におもしろかったです。

*/*/*/*/*/*//*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

2007年8月、またまた台風にぶつかってしまいました(泣)

故宮博物館やデパートは終日休みでしたが、
小さな店は午後から徐々に開店しました。

翌日台風は去って、無事帰ることができました。

*/*/*/*/*/*//*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

台風対策

・海外旅行保険は飛行機の欠航・遅延の保障付きにする。
 飛行機が飛ばないと延泊になるのでホテル代がかかります。
 台風にぶつかりそうな時は入っておいた方がいいでしょう。

・買出しする
 レストラン・夜市が休みになるので、お弁当やマンガを買ってホテルでのんびりする準備をしましょう。
 早く買出ししないとコンビニが品薄になります

・地下街・DFSに行ってみる
 台風が過ぎると徐々に店が開きますが、一番早いのが地下街とDFS。
 台北駅の地下は広いのでオススメです。



ホームへ